頭皮がベタついたりフケが出ると、頭皮の汚れが落ちていないのではないかと考え、シャンプーの回数を増やしたり強く洗うことがありますが、これらは間違った頭皮ケアになります。汚れを取るという意味では理にかなっているような気がする行為ですが、逆に頭皮を傷つけてしまい、フケを増やしてしまうことになりかねません。では、どのようなケアをすれば良いのでしょうか。まずは、強い洗浄力のシャンプーを使っていないか、自分の頭皮に合ったシャンプーを使用しているのかをチェックすることから始めてみましょう。そして、頭皮に傷を付けてしまわないように、洗う時に爪を立てていないか、ゴシゴシと強く洗っていないかなどにも注意をしていきます。洗い流す時は、すすぎ残しがないように、しっかりとシャンプーやリンスを流しましょう。基本的なことですが、これらを意識するだけでも髪の質の改善が見られたり、頭皮の臭いやフケを防ぐことが可能です。日頃から、シャンプーやリンスは自分に合ったものを使い、髪や頭皮は優しく洗うことをおすすめします。

頭皮の状態を改善するために必要な頭皮ケア

頭皮の状態が悪化する原因は色々あります。たとえば、洗髪の回数が少ない場合、皮脂が毛穴に詰まってしまう場合があります。毛穴に皮脂が詰まってしまうと、髪の毛の成長を阻害する可能性があるため、洗髪はしっかり行う必要があります。ただし、洗髪の回数が多すぎると、頭皮が潤うために必要な皮脂まで取り除いてしまいます。そうなると、頭皮が乾燥してしまい、痒みやフケの原因になるため、過度な洗髪は避けることが大切です。また、過度な洗髪をしていないにもかかわらず、頭皮の乾燥や痒み、フケを感じる場合は、頭皮ケアの実施が必要です。頭皮の乾燥や痒み、フケに対しては、育毛剤が効果的です。育毛剤の種類は多く、高い物もあります。初めて育毛剤を使用する場合は、手頃な物から購入するのが良いです。なぜなら、高い物が必ず自分に合うとは限らないからです。

頭皮ケアでは爪を立てて洗わないようにする

頭皮ケアで最も行うことが多いのがシャンプーです。子供のころはシャンプーに目が入ることからできなかった人もいるとされます。親からやり方を教わってそのまま行っている人もいるでしょう。人の中には爪で頭皮をかくようにシャンプーをなじませる人がいます。確かに爪を立ててかくように洗うと非常に気持ちいいです。ですがかなり頭皮を傷めることになるので注意が必要になります。頭皮もほかの肌と同じです。ほかの肌に爪を立てると傷がつくでしょう。頭皮も同様に爪を立てることで傷がついた状態になります。傷がつくだけなら後から治ってきます。しかし頭皮はほかの皮膚とは異なる部分もあります。髪の毛が生えていて髪の毛が生える環境に悪い影響を与えることがあります。そのことからシャンプーをするときには爪を立てないようにしなければいけません。指の腹でマッサージをするように行います。

抜け毛予防なら蘭夢をご利用ください。 日本中に自生するセンブリから抽出したエキスが頭皮の血液循環を上げます! 蘭夢には12種類の天然由来の植物抽出エキスが含まれています。 「蘭夢」を販売する河野メリクロンは、もともと洋蘭の生産の専門メーカーです。 2014年に誕生した「蘭夢黄金率」は39種類の成分を配合した育毛剤です。 洋蘭マリーローランサンから抽出したエキスは、保湿の効果が期待できます。 頭皮ケアは薬用育毛剤「蘭夢」